Home » 妊婦検診

妊婦検診福岡県福津市 あすはな歯科・小児歯科・矯正歯科医院

マイナス1歳(=プレママ)から始める予防歯科を提案しております。

・ 生まれてくる赤ちゃんを生涯虫歯ゼロに!
・ 子供の歯並びは妊婦時のプレママの姿勢に左右される?
・ 赤ちゃんがより良く成長するおっぱいの飲ませ方とは?
・ 正しい顎、顔面育成から見た、赤ちゃんの抱き方、離乳食の与え方は?
・ 呼吸のしかたで、将来が決まる??
・ お口の細菌叢を顕微鏡で検査して、早産、低体重児出産の危険度をチェック!

生まれてきてくれるお子様へ虫歯のないきれいなお口をプレゼントしませんか?

プレママの皆様 妊娠おめでとうございます。

これから生まれてくるお子様が虫歯0、歯周病知らずの健康なお口で一生を過ごしてもらいたいと思いませんか?そのお口をプレゼントできるのは、プレママたちのちょっとした知識です。
「子供の歯はいずれまた萌え変わるし、虫歯になったら治療すればいいんじゃない?」とお考えの方もいらっしゃると思います。しかし、乳歯が虫歯に侵されてしまうと、上手に噛むことができなくなり、免疫力低下(噛めてないまま飲み込んでしまうため、しっかりとは消化されず、せっかく食べたものが栄養に結びつきません)やお口の周りの筋肉の発達が遅れてしまいます。(噛むことにより、お口の筋力は鍛えられます。また、噛む刺激により、成長ホルモンが分泌されます)
そうなると、、、すぐ風邪をひいたり、顎顔面の発達障害から鼻炎や歯並びの悪い子になったり、将来、いびきで悩んだり、無呼吸症候群に陥ったり。鼻炎や歯並びが悪ために 呼吸が上手にできないと、血中の酸素濃度が低くなり、免疫力、抵抗力の低い子、ぼーっとして集中力のない子、我慢ができずにすぐ切れる子に成長してしまいます。

虫歯治療は歯を修理したのと同じこと。一度修理しても、使っていくうちにまた壊れてしまいます。一度虫歯を治療してしまうと、そこから歯の崩壊がはじまるのです。
つまり、お口の健康は体の健康の入り口なのです。

数年後に起こりうる出来事、ちょっと想像してみてください。ある日、幼稚園の先生から、「お昼、大好きなヨーグルト食べなかったんですよ。歯が痛いみたいです。」と伝えられたママ。慌てて歯科医院へ連れて行きます。しかも、この子、「歯磨きしないと虫歯になって、歯医者んさんに注射されるよ〜」と赤ちゃんの頃から脅されていました。初めての歯医者さんに身の危険を察し、大暴れ&号泣。とりあえず、応急処置は、大人数人に囲まれ、おさえられて、なだめられながら痛みをとるためだけの治療。治療後はみ〜んなぐったり。そして、歯科恐怖症の子供の出来上がり!ゾッとしませんか?

生まれてきた赤ちゃんには虫歯菌はいません。が、赤ちゃんと一番接触頻度の高いママのお口の中に虫歯菌が住み着いていると、歯が出てくる頃にママの虫歯菌が定着してしまいます。(虫歯の実に85%が母子感染というデータもあります。歯周病菌も同じです。)3歳くらいまでが最も感染しやすい時期です。

プレママがむし歯予防を行うと赤ちゃんの虫歯予防にもつながります!

妊娠期はホルモンのバランスが崩れ、妊娠性歯肉炎を発症しやすい時期。唾液の量も減り、お口の中はネバネバ。細菌が活動しやすくなります。また、つわりにより、お口の中に酸が増え、歯が溶けやすく虫歯になりやすい環境になります。気持ちが悪くなるので、歯磨きも十分できません。三度の食事はあまり食べられないので、ちょこちょこ食べをしてしまいますます虫歯のリスクが高くなります。
そして、産後。2時間おきの授乳とおむつ交換。いつ寝たのか分からない日々が続きます。自分のことは後回し。ゆっくりと食事をすることすらできず、やっぱりちょこちょこと食べてしまい、気がつけば、虫歯菌、歯周病菌、おまけにカビまでが繁殖しやすい口腔内環境になってしまいます。

また、歯周病を有する妊婦さんは早産や低体重児出産の確率が高くなります。これは、歯周病を発症することにより、多く現れる「サイトカイン」という物質が陣痛を誘発する物質とかなり似ているため。母体は赤ちゃんからではなく、歯周病菌が出すサイトカインを陣痛のサインと勘違いしてしまうのです。

まずは妊婦検診でムシ歯は?歯茎は腫れてない?歯石が付いてない?かを調べます。
歯周病菌が隠れていないか、虫歯菌や歯周病菌の大好きなお口の中のカビの多さも顕微鏡でチェックしてみましょう(妊婦検診内)
むし歯がある場合は安定期に入った妊娠中期(5〜7ヶ月)の間に治療を終わらせておくことを推奨しています。この時期であれば、ほぼ通常通りの治療を行うことができます。
虫歯がない場合でも、プレママには虫歯菌が住み着いている可能性があります。

あすはな歯科では「サリバテスト(唾液検査)+ガスクロ(口臭検査)」(保険外¥7000+税)の検査でむし歯や歯周病のリスクを判定し、あなたにあった予防方法をご提案することも可能です。
妊娠中に徹底的に口腔内環境を整えたい方にはTHP(トータルヘルスプログラム)がおすすめ!「サリバテスト、ガスクロ」はもちろん、「リアルタイムPCR法」という歯周病菌のDNA検査を行い、将来起こりうる危険も予測します。特殊な機能水を用いて口腔内の細菌を善玉菌よりにリセットすることができるだけでなく、腸内細菌叢も整えることができる画期的なシステムです。

ちなみに、今、このページを読んでいるプレママ、あなたの姿勢はどうなってますか?プレママの姿勢が悪いと子宮がイビツに変形してしまいます。子宮が変形をすると、とても柔らかいお腹の中の赤ちゃんの頭蓋骨も変形をしてしまいます。上顎の歯は頭蓋骨の一部から出ているので、頭蓋骨が変形を起こすと当然、歯並びの悪い子に成長してしまいます。
お腹を突き出さずに歩いてくださいね。子宮が伸びると、羊水で守られている赤ちゃんでも伸びた分だけ苦しいそう。子宮をいつも伸ばさず、ねじらず、丸く保てるような態勢でいて下さい。
赤ちゃんが生まれてから1ヶ月間の授乳の仕方で嚥下(飲み込み方)のパターンは決まってしまいます。嚥下が下手になってしまうと、歯列にも悪影響を及ぼします。

健康なお子様の場合、哺乳瓶を使用するときは少し苦労して飲んでもらうくらいの方が正しい嚥下に導けます。おすすめのニプルなどもございますので、必要な時はご相談下さい。また、赤ちゃんの抱き方や遊ばせ方によって正しい嚥下や歯列に導くこともできます。

ご興味のある方は出産後、お子様と一緒にお口のメンテナンスにお越しください。
臨月頃、口腔内をお掃除して、細菌を減らしておくことはとても大切です。お手入れにお越しください。2番目に接触頻度の高い、プレパパやバァバにもこのお話を教えてあげて下さいね!!

ninpukenshin-image臨月の頃、再評価のための唾液検査実施中の当院スタッフMさん。
安定期に入ってからむし歯菌、歯周病菌などの悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす
「生まれてくる赤ちゃんにむし歯菌0をプレゼント!」プロジェクト開始。
男の子のママになり、現在、育児奮闘中。もちろん、「むし歯0をプレゼント」も進行中!!

Information

診療日

あすはな歯科医院

あすはな歯科ニュース

Sponsored by

Copyright(c) 2016 福岡県福津市 あすはな歯科・小児歯科・矯正歯科医院 All Rights Reserved.